Category

31
12 2010
Posted in Diary, Yururi : Blog by Ryu at 07:52 pm | No Comments »

 あと数時間で2010年も終わる。お世話になった皆さま、今年もありがとうございました。

 毎年思うことだけど、一年はホントあっという間。笑っちゃうくらい早い。この、気づけば日々が過ぎ去っている感覚は、年をとるのと比例して年々勢いが増しているように感じる。でも、先日、研修生としてうちに来ていたハルカちゃん(19歳)が、「今年は早かったあ」としみじみ言ってた。19歳のときってどうだったっけ? 遠い昔に思いを馳せている大晦日の夜です。

 さて、PARADAの2010年最大のニュースは何だっただろうとここ数日考えていた。少し前の「テテがやってきた!」もかなりのビッグニュースだったけど、やっぱり「11月13日、PARADA初のウェディングパーティー」かもしれない。その日のPARADAは、オープンして以来、もっとも華やかな日だったと思うのだ。

 その日、11月13日は、空が高くて、太陽の光がきらきらしていて、風もなく、とても穏やかな日だった。主役のふたりは、私たち兄妹の大切な友人。新郎は妹の以前からの飲み友達のひとり、新婦は兄の大学時代のテニス部の後輩で、ふたりはナント、このPARADAで出会ったのだ。

 パーティーは大成功。ふたりの仲間を60人近く招待し、賑やかで、笑いの絶えない一日となった。80年代風DJで幕開けし、回文、ひとり芝居、親友ら(男性)と熱い抱擁&キス、と新郎ノブさんの才能がいかんなく発揮された会であった。「自分たちがこれまで関係してきた人たちとの縁というか、繋がりに感謝したかった」とふたり。みんな家路につくとき、その「繋がり」の大切さを感じてたと思うよ。

 PARADAが存在していなかったら、おそらく出会わなかったろうふたり。まるで奇跡のような話。ふたりにとっての新しいスタートとなった日は、私たちにとってもうれしい、忘れられないすばらしい日となった。

 ノブさん、スズエ、本当におめでとう。そしてありがとう。2011年も皆さんにもいいことがたくさん起こりますように。ピース。

 



  1. It‘s quite in here! Why not leave a response?



0